目 次
記事は目次の下にあります。
     
◇ごあいさつ
ダイエットについて考える!
◇ダイエット基礎知識
ダイエットとは!?
痩身(そうしん)とは!?
器具による痩身
やせ薬について
ダイエットの一例とその目的
手術による痩身
痩身の目的は?
ダイエットによる痩身とリバウンド
ダイエット・痩身法と詐欺・健康被害
有酸素運動とは!?
有酸素運動とは!?2
エクササイズによる痩身!
サイト名やタイトル名。

◇ダイエット方法
おからダイエットとは!?
こんにゃくダイエットとは!?
りんごダイエットとは!?
キャベツダイエットとは!?
グレープフルーツダイエットとは!?
スープダイエットとは!?
チョコレートダイエットとは!?
バナナダイエットとは!?
豆乳バナナダイエットとは!?
フルーツダイエットとは!?
ヨーグルトダイエットとは!?
寒天ダイエットとは!?
玄米ダイエットとは!?
納豆ダイエットとは!?
キムチ納豆ダイエットとは!?
おろし納豆ダイエットとは!?
豆乳ダイエットとは!?
みかんダイエットとは!?
ココアダイエットとは!?
パイン豆乳ダイエットとは!?
アトキンスダイエット(炭水化物ダイエット)とは!?
子ども・高齢者は「×」…こんにゃくゼリーに警告マーク!
                 
◇ダイエット運動編
ビリーズブートキャンプ
ストレッチってどんなこと???
ストレッチの種類にはどんなものがあるの?
ストレッチの効果と実施にあたっての注意
お腹ダイエット、頭上げ腹筋運動
ウォーキングダイエット
ジョギングダイエット
お腹ダイエット足上げ腹筋運動
STEPエクササイズとは???
エアロビクスダンスとは???
ストレッチポールとは!?
トランポリンでエクササイズ!
真向法で健康な体を作ろう!
マーシャルアーツ
ウサギ跳び
フィットネスとは!?
フィットネスの実施方法!
ウォーキング時の手の動き四つ足歩行とは!?
バランスボールとは!?
ボディアタックとは!?
腹式呼吸
腹式呼吸は体が温まる!

◇ダイエット飲料編
コーヒーダイエットとは!?
ペットボトル症候群に要注意!
ダイエット飲料とは!?
◇ダイエットサプリメント
◇ダイエット料理
◇健康診断
健康診断の重要な要素
◇ダイエット日記
ウォーキングダイエット開始
ウォーキング開始の翌朝
ウォーキングの効果で気づいたこと
ウォーキングを1時間30分にしたら
ダイエット成功の話だよ!
時間が作れないウォーキング
ウォーキングの仲間がいた!
ウォーキングの記録
健康診断の重要な要素


ダイエットとは!?



ダイエットとは???


英語のdietは、食物、(日常的な)食事、

餌という意味である。

また特にdiet control、diet therapyの略語として、

食餌療法のための「規定食」を指す。


従って「糖尿病予防のためのダイエット」、

「高血圧の治療の一つとしてダイエットをする」

などというように使用するのが本来である。


日本では、この語が「減量のための食餌制限」

として限定的に使用されることが多いため、

ダイエット=減量・痩身」

という意味で浸透している傾向にあるが、

本来そのような意味は無い。


「食餌制限しないでダイエットする」や

ジョギングダイエット」などは

間違った使い方である。


テレビ等のマスメディアによる頻繁な誤用は、

さらなる定着化を招いている。

(これは、本来食品であれば「ダイエット

と表記することは誤りではないが、

痩せる効果が無くても痩せると

誤解させることができるということを

意味している。)


用語の混乱、誤解を回避するためには、

本来の意味で統一されることが望ましく、

また百科事典という性質上、この項では、

「食餌療法」について記載する。

以上、ウィキペディアより


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)




posted by 健康マニア at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

痩身(そうしん)とは!?



痩身(そうしん)とは、

健康美容などを目的として、

ダイエットエクササイズ(運動)、

器具手術などの方法を用いて、

より細い体型を目指して行動を起こすこと、

あるいは行動している状態、

または既に細い体型である状態の事である。


筋肉は脂肪よりも単位体積あたりの質量が大きいため、

同じ体重であってもそれらの比率が異なると、

体型も異なる。


そのため、同じ身長で、

体重がより大きいにもかかわらず

体型がくなる(引き締まる)こともある。


減量は、痩身のための手段の一つである。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

器具による痩身



主に脂肪を器具によって

燃焼させることにより

部分的に減量することを目的とする。


利用される方法は熱(サウナスーツ)、

高周波、低周波、磁力など。


ガードルも見た目をスマートに見せる意味で

広義にこの範疇に含むことが出来る。


エステティックサロンなどで

マッサージによる「脂肪

もみ出し」を行うことにより

脂肪の流動性を高める、

あるいは脂肪細胞を破壊し

血中に溶出させ脂肪量

減少させるという方式もある。


器具によるものではないが、

物理的な外力による脂肪

減少効果を狙ったものとしてここに含めた。


しかし、血中に脂肪が溶出しても、

再び体脂肪として蓄積されてしまう

ことは予測できる

(再蓄積が別の部分におき、

部分やせには良いといわれることもある)。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

やせ薬について



痩せ薬について

ヨーロッパでつい最近まで使われていたものとして

フェンフルラミンがあった。

セロトニン受容体に直接作用して

脳内のセロトニン濃度を

高める事により食欲を抑制する作用がある。

アメリカでも1996年に許可が下り出回った。


しかし、1997年、心臓弁膜症と

肺高血圧を誘発する危険性を指摘され、

FDAの要請により市場から回収された。


なお、日本でも2002年に、このフェンフルラミンや

甲状腺ホルモンの混入した健康食品が、

ネットや口コミを通じて出回り、

健康被害を引き起こす例が

多発し社会問題になった。


体重を減らす為に安易にこのような

痩せ薬の混入した

健康食品(多くは成分記載虚偽)

を使用すると、

健康を害するだけでなく

命まで失ってしまうこともある

ので注意が必要である。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

ダイエットの一例とその目的



ダイエットの一例とその目的は、

食事の全体量(総カロリー)を

制限することにある。


摂取カロリーを減少させる

生活習慣病の予防、

特定の治療効率の増大、

痩身

またそれに伴う関節などへの負担を

減少させ関節症などの症状を

和らげることなどを目的として、

食事の総カロリー量に一定の上限を設定する。

摂取カロリー消費カロリー」の

状態を保つことにより、

体重が減少することを期待して行う。


摂取カロリーを増加させる相撲などの

スポーツ選手や、

虚弱体質の改善など、

体重を増加させることを目的として、

食事の総カロリー量に

一定の下限を設定する。


摂取カロリー消費カロリー

の状態を保つことにより、

体重の増加することを期待して行う。


食事内容を制限する


(相対的に)過大な要素を減らす

高血圧における塩分制限、

糖尿病における砂糖の制限

(代替の人工甘味料を用いる場合がある)、

高脂血症における油分の制限などで、

該当疾病の病状増悪防止や予防、

治療効率の向上を目的として行う。


なお、糖尿病の場合は、

前述「総カロリーの制限」も併用する。


また、腎臓病の場合は、塩分やタンパク質の制限を行うことがある。


(相対的に)過小な要素を増やす

低血糖症における糖分摂取、

持久走など運動の前に行う炭水化物を

主体とした食物の摂取(カーボ・パーティー)、

鉄欠乏性貧血の場合に

鉄分を多く含む食物の摂取、

便秘症の場合の食物線維豊富な食事の推奨、

美容のために各種ビタミン類を

多く含む食物の摂取など。

場合によっては保健機能食品によって

不足分を補うこともある。


手軽なため流行しているが、

本来は日常の食事で補うべきものである。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

手術による痩身



手術によるダイエット


美容整形のうちの一つとして

腹部などの皮下脂肪

切除したり、吸引する。


食事量の減少や摂取カロリー量の

減少を期待するため、

胃の一部を縛ったり胃や腸の一部を切除したりする

という方法もあるにはあるが一般的ではない。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

痩身の目的は?

<

痩身の目的はなんですか?

美容痩身減量

必ずしも一致せず、最初は美容の目的で

手段として痩身を行い、

さらにその手段として減量しようと

していたにも関わらず、

次第に手段の目的化がおこり、

体型を客観的に把握できず

単純に体重の数値のみに拘る状態に

なることもある。


その状態がひどい場合は、自分の体型に関する

ボディイメージが変質している場合があり、

場合によっては拒食症に進むことがある。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

ダイエットによる痩身とリバウンド



ダイエットによる痩身リバウンドとは?


ダイエットを行って目標体重

もしくはそれ以下まで落とした後、

減量前まで体重を戻してしまうことが良くある。


これをリバウンドと称する。


リバウンドの原因として以下の原因が挙げられる。


過度のダイエットにより飢餓状態に陥った体が

過剰に栄養分を吸収しやすくなった。


体重減少の原因が主に筋肉だった為に

基礎代謝が減少してしまった。


体重減少で安心して継続して運動することを怠った。


ダイエットによるストレスのために食欲が増加した。


ダイエットリバウンド

繰り返すと基本的に体重は落ちにくくなる為、

ダイエットの後の自己管理

重要とされる。


運動を怠っている場合、


増加する体重の多くは脂肪として

蓄積される分となるため、

一般的には筋肉より脂肪の割合が増加してしまい、

以前と同じ体重であっても

体積は増大しており、

体型がより太くなることがある。


この悪循環に陥ると、

筋力の減少により

運動で負荷が以前より掛けられず、

運動によるカロリー消費の効率も落ちてしまい、

元の状態の復帰に時間がかかる。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

ダイエット・痩身法と詐欺・健康被害



ダイエット痩身法と

詐欺・健康被害について

ダイエット痩身法は、

詐欺や健康被害に結びつきやすい

分野でもある。


問題を起こしやすい例として、

以下のようなものがあげられる

(実際には、この中の複数の項目に当てはまる

ケースが多い)。


副作用が強い薬や、

有害な成分を含むダイエット食品


期待される効果やサービスの内容に対して

著しく料金が高額なもの


科学的に効果が期待できないもの

波動・アルカリ性食品など、

オカルトや疑似科学を

理論の中心に据えているもの

捏造または信頼性の低い実験データを

根拠としているもの、

そもそも実験すら行っていないもの

科学的な検証に堪えないアンケート結果や

「体験談」を根拠としているもの


宣伝・勧誘の方法に問題があるもの

不安や恐怖心を煽るような形での

勧誘を行うもの

宣伝に登場する「専門家」の経歴が、

ディプロマミルなど信用に足らないケース

クーリングオフに応じない例

フィットネスクラブなどで、

最初は低料金のコースで入会させ、

後から高額のコースへの変更や

別料金が必要な

オプションの追加を行わせるもの

カルトなどが美容や痩身を謳った本や

サークルを勧誘の

手段とするケース - 法の華三法行など


こうした被害に遭わないためには

安易な「万能薬」を求めない。

メディアリテラシーを高める。

契約や購入を行う前に、

リスクの有無や本当に効果が

見込めるかどうかをきちんと確かめる。

などの心構えが必要になる。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 11:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

ストレッチってどんなこと???



ストレッチって良く耳にするけど、

どんな意味なのかな?

解っているようで解っていない、なんてことない?


ストレッチ(英:stretch)は筋肉を良好な状態に

する目的で筋肉を引っ張って伸ばす運動である。

ストレッチング(stretching)とも呼ばれる。

多くの場合、骨格筋の柔軟性を高め関節可動域を

広げることを目的として行われるが、

ストレッチはそのほかにもいろいろなメリットを

もたらす。

なお、ここでいう筋肉とは骨格筋のことである。


ストレッチ」という言葉は、1960年頃に

アメリカで発表されたスポーツ科学の論文中で使われ始め、

1970年代後半より急速に概念が広がった。

ボブ・アンダーソンの著した『STRETCHING』(1975)が

普及を大きく促進したといわれる。

アンダーソンが提唱した静的ストレッチは現在、

広く用いられている。

ストレッチには静的ストレッチのほかにも、

筋肉の伸張・収縮を繰り返す動的ストレッチ

リハビリの手法を取り入れたPNFストレッチ

などがある。

今日、ストレッチはスポーツにおける

ウォーミングアップクールダウンの中で盛んに行われ、

重要な役割を果たしている。


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキング


posted by 健康マニア at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

ストレッチの種類にはどんなものがあるの?



ストレッチの種類には、

どんなものがあるか調べてみよう。


ストレッチの分類方法にはいろいろあるが、

以下が一般的である。


静的ストレッチ (static stretch)

関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、

適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する

(通常、10〜20秒間程度)。


はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を

防ぐためである。

筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、

筋肉が瞬間的に引き伸ばされると

筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。

すると脊髄から筋肉を収縮させる信号が出され、

結果として筋肉が反射的に

(つまり意思とは関係なく)収縮する。

これを伸張反射あるいは伸展反射と呼ぶ。


伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる

生体のホメオスタシスによる防御反応であるが、

筋肉の緊張や損傷をおこす恐れがあるため

避けるべきである。


柔軟性の獲得という観点からは、

静的ストレッチと動的ストレッチとでは、

あまり大差ないという事が分かってきている。


動的ストレッチ (dynamic stretching)

関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を

繰り返す。

後述するバリスティックストレッチとの違いは、

反動をつけず可動域いっぱいにスピードを

コントロールして行うことである。

近年ではウォーミングアップには静的ストレッチよりも

動的ストレッチのほうが適しているといわれており、

エアロビックダンスエクササイズ(いわゆるエアロビクス

などに取り入れられている。


バリスティックストレッチ (ballistic stretch)

反動をつけ弾むような動作で筋肉を伸ばす方法。

いわゆる柔軟体操はこれにあたる。

また、わが国のラジオ体操をバリスティックストレッチ

分類する学者もいる。

バリスティックストレッチでは上述の

伸張反射がおきやすく、またパートナーと組んで

実施するとコントロールがきかず危険であるため、

近年ではあまり使われなくなってきている。


PNFストレッチ (PNF Stretch) 

固有受容性神経促通法(Proprioseptive Neuromascular 

Facilitation:PNF)を取り入れたストレッチ方法である。

PNFとはリハビリテーション等で用いられる

手技、手法である。

パートナーを伴う場合が多い。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

ストレッチの効果と実施にあたっての注意



ストレッチの効果としては、

直接には

1.筋肉ならびに結合組織の柔軟性の改善

2.筋肉の緊張緩和

3.血流改善

4.神経機能の向上

などの効果があり、これらは筋痛の緩和や関節可動域の改善、

ひいては身体パフォーマンスの改善、障害予防などの

メリットをもたらす。


例えば、筋肉の柔軟性の不足した状態で競技スポーツを行うと

捻挫や肉離れを起こしやすく危険であるが、

ストレッチにより柔軟性を改善すれば怪我をしにくくなる。

また、同一姿勢をとり続けるなどして筋肉を動かさない状態が

続くとその筋肉の柔軟性が失われるが、

ストレッチにより回復することができる。


実施にあたっての注意としては、

1.無理をしない。

  無理に筋肉をのばそうとすると筋肉や腱、

  神経を痛める恐れがある。

  ともすれば他人と比較しがちであるが柔軟性には

  個人差があり、また男女の差もある。

  段階を踏みながら自分に合ったストレッチを行うことが

重要である。


2.温まった状態で行う。

  筋肉は温度によって柔軟性が異なる。

  冷えた状態では硬く、適度に温まった状態のほうが柔らかい。

  筋肉が適度に温まった状態でストレッチを行うことが

  好ましい。

  例えば、前もって軽い運動をしておくとよい。

  また、入浴後のストレッチを日常的に行うとよいともいわれる。


3.リラックスして行う。

  精神的な緊張は筋肉も緊張させる。

  また、呼吸を止めると筋肉が緊張する。

  ストレッチを行うときはリラックスして

  呼吸を続けるべきである。


4.怪我をしたときは行わない。

  例えば捻挫をしたとき、骨折したときは損傷した筋や神経等の

  組織の炎症を広げる可能性が高いため、当該部位の

  ストレッチを避けるべきである。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

有酸素運動とは!?



有酸素運動 (ゆうさんそうんどう; Aerobics) は、

生理学、スポーツ医学、健康増進等の領域で、主に酸素を消費する

方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動をいう。

「十分に長い時間をかけて心肺機能を刺激し、身体内部に有益な

効果をもたらすことのできる運動」とも定義される。

「好気的な」運動とも呼ばれる。

有酸素運動では体内のグリコーゲンなどの糖質や

脂肪が酸素とともに消費される。


これに対して無酸素運動(あるいは「嫌気的な運動」; Anaerobics)は、

酸素を消費しない方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動をいう。

あらゆる運動の初期、または短距離走など激しい運動が

短時間のみ行われる場合がこれに当たる。

なおこれはエネルギー効率が非常に悪い。


有酸素運動は全身持久力向上に役立つだけでなく、

中等度の強さにとどめておくと、体内の糖代謝脂肪代謝

改善するので生活習慣病予防治療に役立つ。

エアロビクスダンス(Aerobics Dance)も有酸素運動の一つである。


一般的には、「身体にある程度以上の負荷をかけながら、

ある程度長い間継続して行う運動」はすべて有酸素運動

みなす事ができる。

例えば長距離走は有酸素運動であるが、

短距離走は無酸素運動である。

またテニスを例にすると、シングルスなら選手が継続して

運動するため有酸素運動となり得るが、ダブルスでは

選手が頻繁に動きを止めるため有酸素運動

ならないこともある。


健康促進

有酸素運動を行うことによって多くの健康促進効果が期待できる。


心肺機能酸素摂取能力の改善

呼吸筋を発達させ、外呼吸(肺と外部との空気の循環、

体内への酸素のとりこみ)をよりスムーズにする。

心筋を発達させ、血液の循環をより効率的にする。

また、平常時の心拍数を下げる。

骨格筋中の毛細血管の新生を促す。

冠動脈疾患の危険性の減少平常時の血圧を低下させる。

血液中のLDLコレステロール中性脂肪を減少させ、

HDLコレステロールを増加させる。

体脂肪を減少させる。

慢性疾患の発症率低下。

特に、冠動脈疾患、高血圧、大腸がん、2型糖尿病、骨粗鬆症の

発症率を低下させる。

不安や抑うつ感を軽減し、健全感を高める体脂肪

血液中の中性脂肪が減少するのは、有酸素運動で脂肪を

消費するためである。

また、骨粗鬆症の発症率が低下するのは運動により

身体に適度の衝撃が加わるためと考えられている。


有酸素運動の例

ウォーキング

ジョギング

サイクリング

水泳

踏み台昇降


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

有酸素運動とは!?2



運動強度脂肪燃焼

運動強度を徐々に上げてゆくと、やがて酸素摂取量

酸素消費量が上回り酸素不足となる。

この状態に至ると血液中に乳酸が増加し続け、呼吸数、

換気量が著しく増加する。

その直前の運動強度、すなわち血中乳酸濃度が上昇し続けず

運動を継続できる最大の運動強度を無酸素性作業閾値

(Anaerobics Threshold: AT) という。

スポーツ選手などではATの値が高い。

すなわち、心肺機能を強化し酸素摂取能力を高めると高い

運動強度でも酸素不足がおきにくくなる。


運動時の糖質と脂肪の燃焼割合は運動強度により異なる。

AT以下の運動強度では、糖質と脂肪の燃焼割合はほぼ

50%ずつである。

それよりも強度が高くなると酸素不足のため脂肪を燃やせなくなり、

脂肪よりも糖質を多く燃焼させる。


エアロビクスダンスとの関係

エアロビクス」(AEROBICS)とはもともとクーパー博士が

開発した運動プログラムの名称であるが、現在ではダンス形式の

有酸素運動すなわちエアロビクスダンスを指すことが多い。

エアロビクスダンスのレッスンとは往々にして、

インストラクターの指示に従って、音楽に合わせた早いリズムで

ステップを踏むものである。

このスタイルは1970年に先述のクーパー博士が著書

『The New Aerobics』を出版して以来特に有名になった。

1980年代にはジェーン・フォンダ、リチャード・シモンズなどの

有名人がテレビのエアロビ番組やビデオに出演したりして、

空前のエアロビ・ブームが起こった。


短所(及び長所)

アスリート(陸上競技選手)、兵士、警察官、消防士など、

高い身体能力が要求される職業に従事する人々にとっては、

有酸素運動では十分なトレーニング効果を享受できない

可能性が高い。

全身の筋肉の強度、その中でも特に上半身の筋肉強度は、

有酸素運動においては強化されない場合が多い。

また、嫌気性代謝にかかわる経路(解糖と乳酸発酵)をその人の

限界速度まで機能させられないため、運動能力の上限を底上げする

ことは難しい。

しかし有酸素運動を既存のトレーニングに追加した

場合、高い効果が得られるであろうことは間違いない。


人によっては「エアロビクス」中に身体にダメージを

受けることがある。

このような場合はエアロビクスに固執せず、

身体にかかる負担のより少ない運動(ローインパクト

エクササイズ、例えば水泳など)をするべきである。


有酸素運動では他の運動、例えばウェイトトレーニング等と比べ、

安静代謝率をそれほど著しく増加させることがなく、

そのため減量効果もそれらに比べて少ない。

しかし有酸素運動の方が長時間かつより頻繁な運動を

するため、消費するカロリーはこちらの方が多い。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

フィットネスとは!?


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!




フィットネス健康の維持、増進を目的とした運動

英語の "fitness" には「適合」のほかに「健康であること」の意味もある。

活き活きと生活できることを指すこともあり、医学書においては身体の状態を意味することもある。

一方で、"fitness convention" で各種の運動プログラムが紹介されていることから、米国においても "fitness" が健康のための運動を指すことが多いようである。


また、英語の "physical fitness" は「体力」と訳される。

体力」は単に筋力や持久力のみを指すのではなく、柔軟性や平衡性や敏捷性そして防衛体力(細菌や環境ストレスから自身を守る能力)をも含む。


"health related physical fitness" すなわち健康に関連する体力は体組成(体脂肪率)、心肺機能筋力筋持久力柔軟性をいう。

一般的に、「フィットネス」の目的は "health related physical fitness" を高めることである。



フィットネスの必要性

身体活動量の少ない生活は心身の状態を悪くし病気を発生しやすくするが、適度な運動により心身を良好な状態にすることができる。

身体活動量が不足すると心臓疾患、高血圧、動脈硬化、自律神経不安定症候群などがおきやすくなるが、定期的な運動によりこれを防ぐことができる。


日本では戦後、感染症が激減し同時に乳児の死亡率も低下して長寿国家となったが、一方で生活習慣病による死亡が増加してきた。

また、高齢化社会の到来、国民医療費の増加も社会問題となっている。

今日、運動すなわちフィットネスによる健康の回復、維持、増進は個々人にとっても社会にとっても重要である。



定期的な運動の効果

身体活動の多い生活の健康に対する効果は、定期的な持久性トレーニング(すなわち有酸素運動)の効果でもある。


それは、

心肺機能の改善

冠動脈疾患の危険性の減少

慢性疾患の発症率低下。



さらに、精神面での効果すなわち不安感や抑うつ感を軽減する作用も指摘されている。

健康に近づくためのキーポイントは心肺機能体脂肪率の改善とされており、有酸素運動フィットネスの重要な要素である。


加えて、近年では筋力の改善も重要視されている。筋力トレーニングによる筋力筋持久力の維持・増加はQOLの維持につながる。

例えば、高齢者の転倒事故防止のために下肢の筋力トレーニングが有効とされている。

高齢者の転倒事故は足が十分に上がらず段差などにつまづくことが原因であるため、筋力をつけて事故を防止するというものである。

ストレッチなどの柔軟性トレーニング筋肉の柔軟性を高め関節の可動域を広げ、障害防止に役立つ。


一方で運動にはリスクがあることは否定できないが、統計によれば運動によるリスクはきわめて低い。

健康に対する効果と考え合わせると、定期的な運動健康によいといえる。



私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキング



posted by 健康マニア at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

フィットネスの実施方法!


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!


フィットネスすなわち健康のための運動に決まった形はない。

自宅近くでウォーキングを行う、スイミングプールで泳いだり水中ウォーキングを行う、民間のスポーツクラブでエアロビクスダンスを行う、自宅でヨガを行うなどさまざまである。


安全かつ効果的にフィットネスを行うために、専門のインストラクター資格を持った指導員のいる、スポーツクラブにてメニューを作ってもらい、アドバイスを受けることもひとつの方法である。

外見をシェイプアップするだけでなく、本来の意味である健康を回復・増進・維持するためには、数ヶ月間以上にわたり習慣として行うことが望ましい。


実施にあたっての注意点


健康スクリーニング

定期的な運動を開始するにあたっては、安全のため健康スクリーニング行うべきである。

統計上、運動のリスクが低いとはいえ、個々人についてはリスクの高い人もおり中には運動を控えるべきケースもある。

単に整形外科的障害の有無をたしかめるだけではなく、胸の痛みやめまい、失神といった心血管疾患や肺疾患の徴候・症状の有無、年齢的に激しい運動が可能であるかついても注意が必要である。


健康スクリーニングの方法はさまざまである。

民間のスポーツクラブでみられる質問票よる方法もそのひとつである。

可能ならば以下についてもチェックすることが勧められる。


冠動脈疾患の危険因子がないか(高血圧、喫煙の習慣、高コレステロール血症など)

心血管疾患、肺疾患あるいは代謝性疾患の徴候、症状がないか


適切な運動量を守る

過剰な運動は健康を損なう。


運動量が多すぎると

カゼや気管支炎にかかりやすくなる

運動性貧血をおこしやすい

同じ部位を繰り返し使うことにより炎症や疲労骨折をおこす

などのデメリットがある。

健康のための有酸素運動は1日1時間程度まで週5回まで、筋力トレーニングは同じ部位のトレーニングは間に1日以上あけるのがよい。


水分補給と服装

水分補給はこまめに行うのがよい。

古くは運動中は水を飲まないほうがよいとされていたが、近年では考え方が逆になっている。

軽い脱水症状でも運動能力が低下する上、気温が高い場合は重大な事故に至りうる。


運動中は体温が上昇するが、周囲の気温や湿度が高いと熱をうまく放出できず熱中症を起こす。

運動前と運動中に水分補給を行う、熱を逃がしやすい服装を選択する、気温や湿度が高すぎる場合は運動を中止するなどの配慮が必要である。


逆に気温が低い場合は、重ね着しすぎによる体温上昇と、運動終了後に体温を奪われることに注意しなければならない。


近年の動向

公営のスポーツ施設や民間のスポーツクラブなどフィットネスのための施設では、筋肉トレーニング水泳エアロビクスダンスランニングウォーキング等の一般的な運動から、パワーヨガボクシングカンフーなどのちょっと変わったものまで、さまざまな運動メニューが用意されている。

身体の健康を実現するためには、ストレス解消やリラクセーションなど精神的な要素も重要であることが認識されてきたため、ヨガなどが人気を集めているのが近年の特徴である。



この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

エクササイズによる痩身!


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!


エクササイズよる痩身の基本的な考え方は、

「食餌による摂取カロリー」を変えない場合

基礎代謝による使用カロリー+運動や活動による

使用カロリー」を大きくすることで痩身

期待するというものである。


体内の備蓄エネルギーの大半を占める体脂肪

消費させることで、痩身を期待する。


また、単に運動による脂肪量の減少で痩せる

というのみではなく、筋肉量の増加によるいわゆる

「引き締まった身体」を目的とした

場合、細くはなるが体重はむしろ増えることもある。

筋肥大によって上昇する基礎代謝量は

筋1kgにつき一日50kcal程度といわれている。

この消費カロリーの増加のみでなく、

筋肉量の増加により、エクササイズ時の負荷を

増大させることが出来るために、運動時の消費カロリー

が効率よく増加しているという効果も考えられる。

中性脂肪から遊離脂肪酸への分解は、

体内で常に起きている。


エネルギー源として脂肪は常に血液中に存在するが、

最初に運動で用いられるエネルギー源は血中の

糖分(ブドウ糖)本来のもの(解糖系によるエネルギー)

といわれている。


糖分は迅速にエネルギーに変換されるため、運動初期、

とくに運動開始時に急激に必要エネルギーが増大したときに

用いられやすく、その後、遊離脂肪酸からエネルギーが

作られていき、運動が安定していくと徐々に

そちらに切り替わる。


分解された遊離脂肪酸は、使われなければまた中性脂肪

合成されるカプサイシンやカフェインなど、

中性脂肪から遊離脂肪酸への分解を促進することが

知られている化学物質も、摂取するだけでは

遊離脂肪酸自体は消費されず、余剰の状態で再び

中性脂肪に戻っていくので、減量に寄与しない。


交感神経系が活発化することで基礎代謝量が上昇する

効果は期待できるが僅かである。


またそうした物質の持つ興奮作用でエクササイズ

効率を高めるともいえるが、精神作用物質の効果で

無理に身体に負荷を掛けることは安全とはいい難い。

脂肪エネルギー源として使われる

割合が最も高いのは安静時である。


高強度運動では筋グリコーゲンや肝グリコーゲン(糖質)が

主に消費される。

グリコーゲンが枯渇した状態で食物を摂取すると、

食物中の糖質はグリコーゲンの補充に使われる。

グリコーゲンが充足した状態で食物を摂取すると、

食物中の糖質は脂肪の合成に使われる。


以上4点から、高強度運動を行った場合、運動によって

直接消費される脂肪は少ないものの、

次回の食事はグリコーゲンの補充に使われ合成される

脂肪は少なくなる。


その一方で、安静時(非運動時)には体脂肪が

主なエネルギー源として使われるため、

結果として体脂肪は減少する(食事のエネルギーが

運動と基礎代謝の消費エネルギーより少ない場合)。


一方、低強度運動で脂肪のみ使ったと仮定しても、

筋・肝グリコーゲンが減少していない状態で摂った

糖質はほとんど脂肪の合成に回されてしまう。

結局、高強度であっても低強度であっても、

体脂肪の増減は摂取カロリー消費カロリー

差のみに依存する。


体型、運動経験により適した運動量は異なる。


痩身目的で運動する人に低強度から中強度の

運動が勧められる。

それは主に以下のような理由からである。

太り気味あるいは肥満の人はもともと運動が嫌いで

運動不足になっている可能性が高いと考えられるため、

辛い高強度運動ではモチベーションが継続できない可能性が高い。

運動不足の人が突然高強度運動を始めると

様々な故障の原因となりやすく危険である。

日常的に運動を行っており高強度の運動を行う基礎体力が

十分備わっている人が更に減量を行おうとする場合、

低中強度の運動は退屈でかえって苦痛であり、

また同じ運動時間では高強度運動よりも

消費カロリーが少ないので効果が現われにくい。

そのような人は痩身のために無理をして低中強度の

運動を長時間行う必要はない。


なお、高強度運動によって筋組織のたんぱく質が

分解されることにより生成されたアミノ酸を

エネルギーとして使用するので筋線維が縮小し

基礎代謝を下げてしまうといったことも言われるが、

これは体内の糖質も中性脂肪も枯渇してしまった

極端な飢餓状態での話であり、

健康な人が運動する限りにおいてはほとんど問題とならない。


通常は、食事によってたんぱく質を十分補えば

超回復によって筋線維が強化される効果の方が

大きいと考えられる。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 健康マニア at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

骨盤ダイエットについて

「骨盤ダイエット」というのは良く耳にすると思います

骨盤をどうすればダイエットになるのか?

こんな疑問も湧いてきそうです。

そもそも骨盤の正常な人には、関係のないダイエット方法なんです。


骨盤の異常(ひずみ)から、様々な障害が発生する
というのは定説になっています。


どういう障害が出てくるのかというと、


1 背骨のゆがみの障害が出ます。

 この背骨のゆがみは、土台となっている骨盤が傾斜しているから起こるものです。

家の基礎が傾いていると、柱が傾くのは当たり前のことです。

背骨が曲がると、首は逆方向へ曲がることになります。

バランスをとるために自然とそうなるのです。

子供の頃から曲がっている人も意外に多いのです。

その検証は、子供の頃の写真に現れています。

自然な姿勢で写っている写真、卒業写真でも良いですね。

右肩・左肩がどちらかへ傾斜しています。


2 冷え症などの障害が出ます。

 これは、中心部にある仙骨、背骨と骨盤の接合部分ですが、
この中には、神経や血管など大切なものが通過しています。

骨盤のズレによって、血管を圧迫すると、
血行不良になり、結果として冷え症になる原因となります。

更に、鬱血(うっけつ)したりして、
セルライトの原因にもなります。


3 ちゅうし
posted by 健康マニア at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

食生活の改善でサイズダウン!

食生活の改善でサイズダウン!

サイズダウン => スリム => ダイエット

食事の改善だけで、ダイエットは可能か?

プロのモデルが、食事改善で美しい体型を維持しています。

その方法とは、

 続きを読む
タグ:ダイエット
posted by 健康マニア at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

「モデ痩せ」メソッド

食事を改善すると、基礎代謝量を増やすことができます。

基礎代謝量を増やすことダイエットになるのです。

体質改善ダイエットとも言われたりしています。

「モデ痩せ」メソッドのポイントは食生活の改善です。

続きを読む
タグ:ダイエット
posted by 健康マニア at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。