目 次
記事は目次の下にあります。
     
◇ごあいさつ
ダイエットについて考える!
◇ダイエット基礎知識
ダイエットとは!?
痩身(そうしん)とは!?
器具による痩身
やせ薬について
ダイエットの一例とその目的
手術による痩身
痩身の目的は?
ダイエットによる痩身とリバウンド
ダイエット・痩身法と詐欺・健康被害
有酸素運動とは!?
有酸素運動とは!?2
エクササイズによる痩身!
サイト名やタイトル名。

◇ダイエット方法
おからダイエットとは!?
こんにゃくダイエットとは!?
りんごダイエットとは!?
キャベツダイエットとは!?
グレープフルーツダイエットとは!?
スープダイエットとは!?
チョコレートダイエットとは!?
バナナダイエットとは!?
豆乳バナナダイエットとは!?
フルーツダイエットとは!?
ヨーグルトダイエットとは!?
寒天ダイエットとは!?
玄米ダイエットとは!?
納豆ダイエットとは!?
キムチ納豆ダイエットとは!?
おろし納豆ダイエットとは!?
豆乳ダイエットとは!?
みかんダイエットとは!?
ココアダイエットとは!?
パイン豆乳ダイエットとは!?
アトキンスダイエット(炭水化物ダイエット)とは!?
子ども・高齢者は「×」…こんにゃくゼリーに警告マーク!
                 
◇ダイエット運動編
ビリーズブートキャンプ
ストレッチってどんなこと???
ストレッチの種類にはどんなものがあるの?
ストレッチの効果と実施にあたっての注意
お腹ダイエット、頭上げ腹筋運動
ウォーキングダイエット
ジョギングダイエット
お腹ダイエット足上げ腹筋運動
STEPエクササイズとは???
エアロビクスダンスとは???
ストレッチポールとは!?
トランポリンでエクササイズ!
真向法で健康な体を作ろう!
マーシャルアーツ
ウサギ跳び
フィットネスとは!?
フィットネスの実施方法!
ウォーキング時の手の動き四つ足歩行とは!?
バランスボールとは!?
ボディアタックとは!?
腹式呼吸
腹式呼吸は体が温まる!

◇ダイエット飲料編
コーヒーダイエットとは!?
ペットボトル症候群に要注意!
ダイエット飲料とは!?
◇ダイエットサプリメント
◇ダイエット料理
◇健康診断
健康診断の重要な要素
◇ダイエット日記
ウォーキングダイエット開始
ウォーキング開始の翌朝
ウォーキングの効果で気づいたこと
ウォーキングを1時間30分にしたら
ダイエット成功の話だよ!
時間が作れないウォーキング
ウォーキングの仲間がいた!
ウォーキングの記録
健康診断の重要な要素


フィットネスの実施方法!


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!


フィットネスすなわち健康のための運動に決まった形はない。

自宅近くでウォーキングを行う、スイミングプールで泳いだり水中ウォーキングを行う、民間のスポーツクラブでエアロビクスダンスを行う、自宅でヨガを行うなどさまざまである。


安全かつ効果的にフィットネスを行うために、専門のインストラクター資格を持った指導員のいる、スポーツクラブにてメニューを作ってもらい、アドバイスを受けることもひとつの方法である。

外見をシェイプアップするだけでなく、本来の意味である健康を回復・増進・維持するためには、数ヶ月間以上にわたり習慣として行うことが望ましい。


実施にあたっての注意点


健康スクリーニング

定期的な運動を開始するにあたっては、安全のため健康スクリーニング行うべきである。

統計上、運動のリスクが低いとはいえ、個々人についてはリスクの高い人もおり中には運動を控えるべきケースもある。

単に整形外科的障害の有無をたしかめるだけではなく、胸の痛みやめまい、失神といった心血管疾患や肺疾患の徴候・症状の有無、年齢的に激しい運動が可能であるかついても注意が必要である。


健康スクリーニングの方法はさまざまである。

民間のスポーツクラブでみられる質問票よる方法もそのひとつである。

可能ならば以下についてもチェックすることが勧められる。


冠動脈疾患の危険因子がないか(高血圧、喫煙の習慣、高コレステロール血症など)

心血管疾患、肺疾患あるいは代謝性疾患の徴候、症状がないか


適切な運動量を守る

過剰な運動は健康を損なう。


運動量が多すぎると

カゼや気管支炎にかかりやすくなる

運動性貧血をおこしやすい

同じ部位を繰り返し使うことにより炎症や疲労骨折をおこす

などのデメリットがある。

健康のための有酸素運動は1日1時間程度まで週5回まで、筋力トレーニングは同じ部位のトレーニングは間に1日以上あけるのがよい。


水分補給と服装

水分補給はこまめに行うのがよい。

古くは運動中は水を飲まないほうがよいとされていたが、近年では考え方が逆になっている。

軽い脱水症状でも運動能力が低下する上、気温が高い場合は重大な事故に至りうる。


運動中は体温が上昇するが、周囲の気温や湿度が高いと熱をうまく放出できず熱中症を起こす。

運動前と運動中に水分補給を行う、熱を逃がしやすい服装を選択する、気温や湿度が高すぎる場合は運動を中止するなどの配慮が必要である。


逆に気温が低い場合は、重ね着しすぎによる体温上昇と、運動終了後に体温を奪われることに注意しなければならない。


近年の動向

公営のスポーツ施設や民間のスポーツクラブなどフィットネスのための施設では、筋肉トレーニング水泳エアロビクスダンスランニングウォーキング等の一般的な運動から、パワーヨガボクシングカンフーなどのちょっと変わったものまで、さまざまな運動メニューが用意されている。

身体の健康を実現するためには、ストレス解消やリラクセーションなど精神的な要素も重要であることが認識されてきたため、ヨガなどが人気を集めているのが近年の特徴である。



この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)




posted by 健康マニア at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。