目 次
記事は目次の下にあります。
     
◇ごあいさつ
ダイエットについて考える!
◇ダイエット基礎知識
ダイエットとは!?
痩身(そうしん)とは!?
器具による痩身
やせ薬について
ダイエットの一例とその目的
手術による痩身
痩身の目的は?
ダイエットによる痩身とリバウンド
ダイエット・痩身法と詐欺・健康被害
有酸素運動とは!?
有酸素運動とは!?2
エクササイズによる痩身!
サイト名やタイトル名。

◇ダイエット方法
おからダイエットとは!?
こんにゃくダイエットとは!?
りんごダイエットとは!?
キャベツダイエットとは!?
グレープフルーツダイエットとは!?
スープダイエットとは!?
チョコレートダイエットとは!?
バナナダイエットとは!?
豆乳バナナダイエットとは!?
フルーツダイエットとは!?
ヨーグルトダイエットとは!?
寒天ダイエットとは!?
玄米ダイエットとは!?
納豆ダイエットとは!?
キムチ納豆ダイエットとは!?
おろし納豆ダイエットとは!?
豆乳ダイエットとは!?
みかんダイエットとは!?
ココアダイエットとは!?
パイン豆乳ダイエットとは!?
アトキンスダイエット(炭水化物ダイエット)とは!?
子ども・高齢者は「×」…こんにゃくゼリーに警告マーク!
                 
◇ダイエット運動編
ビリーズブートキャンプ
ストレッチってどんなこと???
ストレッチの種類にはどんなものがあるの?
ストレッチの効果と実施にあたっての注意
お腹ダイエット、頭上げ腹筋運動
ウォーキングダイエット
ジョギングダイエット
お腹ダイエット足上げ腹筋運動
STEPエクササイズとは???
エアロビクスダンスとは???
ストレッチポールとは!?
トランポリンでエクササイズ!
真向法で健康な体を作ろう!
マーシャルアーツ
ウサギ跳び
フィットネスとは!?
フィットネスの実施方法!
ウォーキング時の手の動き四つ足歩行とは!?
バランスボールとは!?
ボディアタックとは!?
腹式呼吸
腹式呼吸は体が温まる!

◇ダイエット飲料編
コーヒーダイエットとは!?
ペットボトル症候群に要注意!
ダイエット飲料とは!?
◇ダイエットサプリメント
◇ダイエット料理
◇健康診断
健康診断の重要な要素
◇ダイエット日記
ウォーキングダイエット開始
ウォーキング開始の翌朝
ウォーキングの効果で気づいたこと
ウォーキングを1時間30分にしたら
ダイエット成功の話だよ!
時間が作れないウォーキング
ウォーキングの仲間がいた!
ウォーキングの記録
健康診断の重要な要素


フィットネスとは!?


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!




フィットネス健康の維持、増進を目的とした運動

英語の "fitness" には「適合」のほかに「健康であること」の意味もある。

活き活きと生活できることを指すこともあり、医学書においては身体の状態を意味することもある。

一方で、"fitness convention" で各種の運動プログラムが紹介されていることから、米国においても "fitness" が健康のための運動を指すことが多いようである。


また、英語の "physical fitness" は「体力」と訳される。

体力」は単に筋力や持久力のみを指すのではなく、柔軟性や平衡性や敏捷性そして防衛体力(細菌や環境ストレスから自身を守る能力)をも含む。


"health related physical fitness" すなわち健康に関連する体力は体組成(体脂肪率)、心肺機能筋力筋持久力柔軟性をいう。

一般的に、「フィットネス」の目的は "health related physical fitness" を高めることである。



フィットネスの必要性

身体活動量の少ない生活は心身の状態を悪くし病気を発生しやすくするが、適度な運動により心身を良好な状態にすることができる。

身体活動量が不足すると心臓疾患、高血圧、動脈硬化、自律神経不安定症候群などがおきやすくなるが、定期的な運動によりこれを防ぐことができる。


日本では戦後、感染症が激減し同時に乳児の死亡率も低下して長寿国家となったが、一方で生活習慣病による死亡が増加してきた。

また、高齢化社会の到来、国民医療費の増加も社会問題となっている。

今日、運動すなわちフィットネスによる健康の回復、維持、増進は個々人にとっても社会にとっても重要である。



定期的な運動の効果

身体活動の多い生活の健康に対する効果は、定期的な持久性トレーニング(すなわち有酸素運動)の効果でもある。


それは、

心肺機能の改善

冠動脈疾患の危険性の減少

慢性疾患の発症率低下。



さらに、精神面での効果すなわち不安感や抑うつ感を軽減する作用も指摘されている。

健康に近づくためのキーポイントは心肺機能体脂肪率の改善とされており、有酸素運動フィットネスの重要な要素である。


加えて、近年では筋力の改善も重要視されている。筋力トレーニングによる筋力筋持久力の維持・増加はQOLの維持につながる。

例えば、高齢者の転倒事故防止のために下肢の筋力トレーニングが有効とされている。

高齢者の転倒事故は足が十分に上がらず段差などにつまづくことが原因であるため、筋力をつけて事故を防止するというものである。

ストレッチなどの柔軟性トレーニング筋肉の柔軟性を高め関節の可動域を広げ、障害防止に役立つ。


一方で運動にはリスクがあることは否定できないが、統計によれば運動によるリスクはきわめて低い。

健康に対する効果と考え合わせると、定期的な運動健康によいといえる。



私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキング





posted by 健康マニア at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。