目 次
記事は目次の下にあります。
     
◇ごあいさつ
ダイエットについて考える!
◇ダイエット基礎知識
ダイエットとは!?
痩身(そうしん)とは!?
器具による痩身
やせ薬について
ダイエットの一例とその目的
手術による痩身
痩身の目的は?
ダイエットによる痩身とリバウンド
ダイエット・痩身法と詐欺・健康被害
有酸素運動とは!?
有酸素運動とは!?2
エクササイズによる痩身!
サイト名やタイトル名。

◇ダイエット方法
おからダイエットとは!?
こんにゃくダイエットとは!?
りんごダイエットとは!?
キャベツダイエットとは!?
グレープフルーツダイエットとは!?
スープダイエットとは!?
チョコレートダイエットとは!?
バナナダイエットとは!?
豆乳バナナダイエットとは!?
フルーツダイエットとは!?
ヨーグルトダイエットとは!?
寒天ダイエットとは!?
玄米ダイエットとは!?
納豆ダイエットとは!?
キムチ納豆ダイエットとは!?
おろし納豆ダイエットとは!?
豆乳ダイエットとは!?
みかんダイエットとは!?
ココアダイエットとは!?
パイン豆乳ダイエットとは!?
アトキンスダイエット(炭水化物ダイエット)とは!?
子ども・高齢者は「×」…こんにゃくゼリーに警告マーク!
                 
◇ダイエット運動編
ビリーズブートキャンプ
ストレッチってどんなこと???
ストレッチの種類にはどんなものがあるの?
ストレッチの効果と実施にあたっての注意
お腹ダイエット、頭上げ腹筋運動
ウォーキングダイエット
ジョギングダイエット
お腹ダイエット足上げ腹筋運動
STEPエクササイズとは???
エアロビクスダンスとは???
ストレッチポールとは!?
トランポリンでエクササイズ!
真向法で健康な体を作ろう!
マーシャルアーツ
ウサギ跳び
フィットネスとは!?
フィットネスの実施方法!
ウォーキング時の手の動き四つ足歩行とは!?
バランスボールとは!?
ボディアタックとは!?
腹式呼吸
腹式呼吸は体が温まる!

◇ダイエット飲料編
コーヒーダイエットとは!?
ペットボトル症候群に要注意!
ダイエット飲料とは!?
◇ダイエットサプリメント
◇ダイエット料理
◇健康診断
健康診断の重要な要素
◇ダイエット日記
ウォーキングダイエット開始
ウォーキング開始の翌朝
ウォーキングの効果で気づいたこと
ウォーキングを1時間30分にしたら
ダイエット成功の話だよ!
時間が作れないウォーキング
ウォーキングの仲間がいた!
ウォーキングの記録
健康診断の重要な要素


有酸素運動とは!?2



運動強度脂肪燃焼

運動強度を徐々に上げてゆくと、やがて酸素摂取量

酸素消費量が上回り酸素不足となる。

この状態に至ると血液中に乳酸が増加し続け、呼吸数、

換気量が著しく増加する。

その直前の運動強度、すなわち血中乳酸濃度が上昇し続けず

運動を継続できる最大の運動強度を無酸素性作業閾値

(Anaerobics Threshold: AT) という。

スポーツ選手などではATの値が高い。

すなわち、心肺機能を強化し酸素摂取能力を高めると高い

運動強度でも酸素不足がおきにくくなる。


運動時の糖質と脂肪の燃焼割合は運動強度により異なる。

AT以下の運動強度では、糖質と脂肪の燃焼割合はほぼ

50%ずつである。

それよりも強度が高くなると酸素不足のため脂肪を燃やせなくなり、

脂肪よりも糖質を多く燃焼させる。


エアロビクスダンスとの関係

エアロビクス」(AEROBICS)とはもともとクーパー博士が

開発した運動プログラムの名称であるが、現在ではダンス形式の

有酸素運動すなわちエアロビクスダンスを指すことが多い。

エアロビクスダンスのレッスンとは往々にして、

インストラクターの指示に従って、音楽に合わせた早いリズムで

ステップを踏むものである。

このスタイルは1970年に先述のクーパー博士が著書

『The New Aerobics』を出版して以来特に有名になった。

1980年代にはジェーン・フォンダ、リチャード・シモンズなどの

有名人がテレビのエアロビ番組やビデオに出演したりして、

空前のエアロビ・ブームが起こった。


短所(及び長所)

アスリート(陸上競技選手)、兵士、警察官、消防士など、

高い身体能力が要求される職業に従事する人々にとっては、

有酸素運動では十分なトレーニング効果を享受できない

可能性が高い。

全身の筋肉の強度、その中でも特に上半身の筋肉強度は、

有酸素運動においては強化されない場合が多い。

また、嫌気性代謝にかかわる経路(解糖と乳酸発酵)をその人の

限界速度まで機能させられないため、運動能力の上限を底上げする

ことは難しい。

しかし有酸素運動を既存のトレーニングに追加した

場合、高い効果が得られるであろうことは間違いない。


人によっては「エアロビクス」中に身体にダメージを

受けることがある。

このような場合はエアロビクスに固執せず、

身体にかかる負担のより少ない運動(ローインパクト

エクササイズ、例えば水泳など)をするべきである。


有酸素運動では他の運動、例えばウェイトトレーニング等と比べ、

安静代謝率をそれほど著しく増加させることがなく、

そのため減量効果もそれらに比べて少ない。

しかし有酸素運動の方が長時間かつより頻繁な運動を

するため、消費するカロリーはこちらの方が多い。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)




posted by 健康マニア at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。