目 次
記事は目次の下にあります。
     
◇ごあいさつ
ダイエットについて考える!
◇ダイエット基礎知識
ダイエットとは!?
痩身(そうしん)とは!?
器具による痩身
やせ薬について
ダイエットの一例とその目的
手術による痩身
痩身の目的は?
ダイエットによる痩身とリバウンド
ダイエット・痩身法と詐欺・健康被害
有酸素運動とは!?
有酸素運動とは!?2
エクササイズによる痩身!
サイト名やタイトル名。

◇ダイエット方法
おからダイエットとは!?
こんにゃくダイエットとは!?
りんごダイエットとは!?
キャベツダイエットとは!?
グレープフルーツダイエットとは!?
スープダイエットとは!?
チョコレートダイエットとは!?
バナナダイエットとは!?
豆乳バナナダイエットとは!?
フルーツダイエットとは!?
ヨーグルトダイエットとは!?
寒天ダイエットとは!?
玄米ダイエットとは!?
納豆ダイエットとは!?
キムチ納豆ダイエットとは!?
おろし納豆ダイエットとは!?
豆乳ダイエットとは!?
みかんダイエットとは!?
ココアダイエットとは!?
パイン豆乳ダイエットとは!?
アトキンスダイエット(炭水化物ダイエット)とは!?
子ども・高齢者は「×」…こんにゃくゼリーに警告マーク!
                 
◇ダイエット運動編
ビリーズブートキャンプ
ストレッチってどんなこと???
ストレッチの種類にはどんなものがあるの?
ストレッチの効果と実施にあたっての注意
お腹ダイエット、頭上げ腹筋運動
ウォーキングダイエット
ジョギングダイエット
お腹ダイエット足上げ腹筋運動
STEPエクササイズとは???
エアロビクスダンスとは???
ストレッチポールとは!?
トランポリンでエクササイズ!
真向法で健康な体を作ろう!
マーシャルアーツ
ウサギ跳び
フィットネスとは!?
フィットネスの実施方法!
ウォーキング時の手の動き四つ足歩行とは!?
バランスボールとは!?
ボディアタックとは!?
腹式呼吸
腹式呼吸は体が温まる!

◇ダイエット飲料編
コーヒーダイエットとは!?
ペットボトル症候群に要注意!
ダイエット飲料とは!?
◇ダイエットサプリメント
◇ダイエット料理
◇健康診断
健康診断の重要な要素
◇ダイエット日記
ウォーキングダイエット開始
ウォーキング開始の翌朝
ウォーキングの効果で気づいたこと
ウォーキングを1時間30分にしたら
ダイエット成功の話だよ!
時間が作れないウォーキング
ウォーキングの仲間がいた!
ウォーキングの記録
健康診断の重要な要素


有酸素運動とは!?



有酸素運動 (ゆうさんそうんどう; Aerobics) は、

生理学、スポーツ医学、健康増進等の領域で、主に酸素を消費する

方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動をいう。

「十分に長い時間をかけて心肺機能を刺激し、身体内部に有益な

効果をもたらすことのできる運動」とも定義される。

「好気的な」運動とも呼ばれる。

有酸素運動では体内のグリコーゲンなどの糖質や

脂肪が酸素とともに消費される。


これに対して無酸素運動(あるいは「嫌気的な運動」; Anaerobics)は、

酸素を消費しない方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動をいう。

あらゆる運動の初期、または短距離走など激しい運動が

短時間のみ行われる場合がこれに当たる。

なおこれはエネルギー効率が非常に悪い。


有酸素運動は全身持久力向上に役立つだけでなく、

中等度の強さにとどめておくと、体内の糖代謝脂肪代謝

改善するので生活習慣病予防治療に役立つ。

エアロビクスダンス(Aerobics Dance)も有酸素運動の一つである。


一般的には、「身体にある程度以上の負荷をかけながら、

ある程度長い間継続して行う運動」はすべて有酸素運動

みなす事ができる。

例えば長距離走は有酸素運動であるが、

短距離走は無酸素運動である。

またテニスを例にすると、シングルスなら選手が継続して

運動するため有酸素運動となり得るが、ダブルスでは

選手が頻繁に動きを止めるため有酸素運動

ならないこともある。


健康促進

有酸素運動を行うことによって多くの健康促進効果が期待できる。


心肺機能酸素摂取能力の改善

呼吸筋を発達させ、外呼吸(肺と外部との空気の循環、

体内への酸素のとりこみ)をよりスムーズにする。

心筋を発達させ、血液の循環をより効率的にする。

また、平常時の心拍数を下げる。

骨格筋中の毛細血管の新生を促す。

冠動脈疾患の危険性の減少平常時の血圧を低下させる。

血液中のLDLコレステロール中性脂肪を減少させ、

HDLコレステロールを増加させる。

体脂肪を減少させる。

慢性疾患の発症率低下。

特に、冠動脈疾患、高血圧、大腸がん、2型糖尿病、骨粗鬆症の

発症率を低下させる。

不安や抑うつ感を軽減し、健全感を高める体脂肪

血液中の中性脂肪が減少するのは、有酸素運動で脂肪を

消費するためである。

また、骨粗鬆症の発症率が低下するのは運動により

身体に適度の衝撃が加わるためと考えられている。


有酸素運動の例

ウォーキング

ジョギング

サイクリング

水泳

踏み台昇降


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)




posted by 健康マニア at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。