目 次
記事は目次の下にあります。
     
◇ごあいさつ
ダイエットについて考える!
◇ダイエット基礎知識
ダイエットとは!?
痩身(そうしん)とは!?
器具による痩身
やせ薬について
ダイエットの一例とその目的
手術による痩身
痩身の目的は?
ダイエットによる痩身とリバウンド
ダイエット・痩身法と詐欺・健康被害
有酸素運動とは!?
有酸素運動とは!?2
エクササイズによる痩身!
サイト名やタイトル名。

◇ダイエット方法
おからダイエットとは!?
こんにゃくダイエットとは!?
りんごダイエットとは!?
キャベツダイエットとは!?
グレープフルーツダイエットとは!?
スープダイエットとは!?
チョコレートダイエットとは!?
バナナダイエットとは!?
豆乳バナナダイエットとは!?
フルーツダイエットとは!?
ヨーグルトダイエットとは!?
寒天ダイエットとは!?
玄米ダイエットとは!?
納豆ダイエットとは!?
キムチ納豆ダイエットとは!?
おろし納豆ダイエットとは!?
豆乳ダイエットとは!?
みかんダイエットとは!?
ココアダイエットとは!?
パイン豆乳ダイエットとは!?
アトキンスダイエット(炭水化物ダイエット)とは!?
子ども・高齢者は「×」…こんにゃくゼリーに警告マーク!
                 
◇ダイエット運動編
ビリーズブートキャンプ
ストレッチってどんなこと???
ストレッチの種類にはどんなものがあるの?
ストレッチの効果と実施にあたっての注意
お腹ダイエット、頭上げ腹筋運動
ウォーキングダイエット
ジョギングダイエット
お腹ダイエット足上げ腹筋運動
STEPエクササイズとは???
エアロビクスダンスとは???
ストレッチポールとは!?
トランポリンでエクササイズ!
真向法で健康な体を作ろう!
マーシャルアーツ
ウサギ跳び
フィットネスとは!?
フィットネスの実施方法!
ウォーキング時の手の動き四つ足歩行とは!?
バランスボールとは!?
ボディアタックとは!?
腹式呼吸
腹式呼吸は体が温まる!

◇ダイエット飲料編
コーヒーダイエットとは!?
ペットボトル症候群に要注意!
ダイエット飲料とは!?
◇ダイエットサプリメント
◇ダイエット料理
◇健康診断
健康診断の重要な要素
◇ダイエット日記
ウォーキングダイエット開始
ウォーキング開始の翌朝
ウォーキングの効果で気づいたこと
ウォーキングを1時間30分にしたら
ダイエット成功の話だよ!
時間が作れないウォーキング
ウォーキングの仲間がいた!
ウォーキングの記録
健康診断の重要な要素


腹式呼吸


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!


腹式呼吸(ふくしきこきゅう)とは、

一般的には胸郭(肋骨などからなる籠状の骨格)をなるだけ

動かさずに行う呼吸のことをいう。

腹式呼吸に対して、

ラジオ体操深呼吸のように

肋骨を大きく広げて息を吸う方法を

胸式呼吸ということがある。


声楽においては声を良く出すために呼吸

を工夫することを腹式呼吸という

言葉で示すことが多い。


肺の入っている胸腔は主に、

肋骨とそれを支え動かす筋群、

及び横隔膜で構成されている。


息を吸う(すなわち胸腔を広げる)ためには

肋骨を開き広げるか横隔膜

収縮させて下げればよい。


特に横隔膜を大きく動かすと

腹腔が変形し腹が前方へ突き出る。


これが腹筋をはじめとする

全身の筋肉の弛緩を促し

更に内臓への刺激ともなることから

様様な健康法などと結びついている。(ヨガ等)


ここから息を吐き出す力は腹筋

収縮と腹圧によるものであるから

腹で呼吸しているように感じられるのである。


歌唱においては、

胸郭を下手に動かすと喉頭懸垂筋群や

声帯内筋に余計な緊張を生むうえ

呼気の連続性が損なわれる。

このため特に初心者は腹式呼吸

習得することに熱心になる。


また呼吸喉頭の、

「支え」のことを暗に示している場合もある。



ちなみに呼気を重視する呼吸法

「釈迦の呼吸法」と呼ぶことがあるが、

能動的に息を吐こうとすると

自然に腹式呼吸になることが多い。



声楽腹式呼吸

流儀による部分もあるが古典声楽が目指す

腹式呼吸は胸郭は広げたまま維持する

吸気時に側腹部を膨らませる

(腹直筋にある程度の緊張を保ち

横隔膜を最大限下げることで

腹腔の側部や背部が膨らむ。

これによりはじめて横隔膜の後部が下がる。)

お腹(腹部の前面)はあまり動かさない

胸郭と喉頭の連携を図り喉をひらく

といったものである。



また、声楽では呼吸に関連して

「支え」という言葉が用いられるが

これは、「息を(吸気気味に)保つ、引く」、

「声門閉鎖を強くし呼気圧(すなわち腹圧)を

高める」、「喉頭懸垂筋群を(適切に)働かせる」

といったいずれかの意味で、

それぞれの意味は全く異なる。



腹式呼吸の習得

特に練習などしなくとも実践できる人は多い。

上手くいかない場合、

意識的な身体動作に対する不慣れや、

難しく考えすぎているなどの理由が挙げられる。


また、特に初心者が腹式呼吸をするとき

胸郭の動きは胸式呼吸に対して

逆になる(息を吸うとき胸郭が狭まり、

吐くときに広がろうとする)。

この逆転ができなくて苦労することも多い。

腹筋で吐くことは出来るが

横隔膜で吸えない(お腹を膨らませられない)

という状況もある。


腹筋を鍛えると良い、

と安直に発想する人が多いが、

筋力の不足で腹式呼吸が出来ない

などというケースは健常者である限り

あり得ない話である。


また、腹筋運動呼吸とでは

筋収縮形態が異なることが多く、

歌唱の訓練としてもあまり実践的とはいえない。


腹式呼吸が全く出来ないという場合は

根本的に身体運動の経験が不足していることが多いので、

腹筋運動に限らず腕立て伏せ

懸垂スクワットなどの

エクササイズを行うことが呼吸法

習得に繋がることがある。


また歌唱訓練においては、

声門閉鎖喉頭懸垂の働きを

促すために、特に上肢のエクササイズが有効である。

但しいずれの場合も筋力を増すことに捉われる必要はない。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)




posted by 健康マニア at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット運動編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。