目 次
記事は目次の下にあります。
     
◇ごあいさつ
ダイエットについて考える!
◇ダイエット基礎知識
ダイエットとは!?
痩身(そうしん)とは!?
器具による痩身
やせ薬について
ダイエットの一例とその目的
手術による痩身
痩身の目的は?
ダイエットによる痩身とリバウンド
ダイエット・痩身法と詐欺・健康被害
有酸素運動とは!?
有酸素運動とは!?2
エクササイズによる痩身!
サイト名やタイトル名。

◇ダイエット方法
おからダイエットとは!?
こんにゃくダイエットとは!?
りんごダイエットとは!?
キャベツダイエットとは!?
グレープフルーツダイエットとは!?
スープダイエットとは!?
チョコレートダイエットとは!?
バナナダイエットとは!?
豆乳バナナダイエットとは!?
フルーツダイエットとは!?
ヨーグルトダイエットとは!?
寒天ダイエットとは!?
玄米ダイエットとは!?
納豆ダイエットとは!?
キムチ納豆ダイエットとは!?
おろし納豆ダイエットとは!?
豆乳ダイエットとは!?
みかんダイエットとは!?
ココアダイエットとは!?
パイン豆乳ダイエットとは!?
アトキンスダイエット(炭水化物ダイエット)とは!?
子ども・高齢者は「×」…こんにゃくゼリーに警告マーク!
                 
◇ダイエット運動編
ビリーズブートキャンプ
ストレッチってどんなこと???
ストレッチの種類にはどんなものがあるの?
ストレッチの効果と実施にあたっての注意
お腹ダイエット、頭上げ腹筋運動
ウォーキングダイエット
ジョギングダイエット
お腹ダイエット足上げ腹筋運動
STEPエクササイズとは???
エアロビクスダンスとは???
ストレッチポールとは!?
トランポリンでエクササイズ!
真向法で健康な体を作ろう!
マーシャルアーツ
ウサギ跳び
フィットネスとは!?
フィットネスの実施方法!
ウォーキング時の手の動き四つ足歩行とは!?
バランスボールとは!?
ボディアタックとは!?
腹式呼吸
腹式呼吸は体が温まる!

◇ダイエット飲料編
コーヒーダイエットとは!?
ペットボトル症候群に要注意!
ダイエット飲料とは!?
◇ダイエットサプリメント
◇ダイエット料理
◇健康診断
健康診断の重要な要素
◇ダイエット日記
ウォーキングダイエット開始
ウォーキング開始の翌朝
ウォーキングの効果で気づいたこと
ウォーキングを1時間30分にしたら
ダイエット成功の話だよ!
時間が作れないウォーキング
ウォーキングの仲間がいた!
ウォーキングの記録
健康診断の重要な要素


エアロビクスダンスとは???



エアロビクスダンスはダンス形式の有酸素運動である。

エアロビックダンスエクササイズあるいは単に

エアロビクスともいう。

エアロビクスダンスは、ケネス・H・クーパー(Kenneth H. Cooper)

エアロビクス理論をもとにジャッキー・ソレンセン

(Jacki Sorensen)が開発したといわれる。

1980年代にジェーン・フォンダが火付け役となって広まった。

当初は走る動作や跳ねる動作(ハイインパクトと呼ばれる)

が多用されたが障害や疲労骨折が多発し、この問題の反省から

ハイインパクト動作を控える流れができた。


それとともに衝撃の少ない、エアロビクスダンスに代わる

エクササイズが考案された。


STEPエクササイズがその代表である。


米国ではエアロビクスダンスの人気が下火となったが、

わが国では根強い人気がある。


大まかな説明だが、

音楽に乗って、いろいろなステップを踏む

(すなわち下肢を動かす)のが基本である。

一般には1,2名のインストラクターのリードに従い複数の

参加者が運動する形式で行う。

この形式はグループエクササイズと呼ばれ、

1回のグループエクササイズをクラスという。

エアロビクスダンスのクラスの運動強度や時間は対象者や

目的によりさまざまに設定される。

例えば初心者向けのクラスでは運動強度は低く、時間は短め

(通常30分間程度)であり、熟練者向けのクラスでは

運動強度は高く、時間は長め(60〜90分間程度)である。


エアロビクスダンスでは下肢を動かし続けるため、

障害防止のために弾力のある床の上で行われる。

多くの場合はスタジオと呼ばれる場所で行われる。


一般的なクラス構成としては、

ウォーミングアップ

体温を上昇させ、強度の高い運動ができる状態にする。

10〜15分間程度かけ音楽にあわせて体を軽く動かす。

多くの場合、静的ストレッチも行う。


メインパート

音楽にあわせて体を動かし続ける。

運動強度、時間は対象者により大きく異なる。


筋力トレーニング

クラスによっては有酸素運動と合わせて筋力トレーニングを行う。


クーリングダウン

静的ストレッチを行う。

なお、近年ではウォーミングアップとメインパートを

明確に分けないスタイルもみられる。

このスタイルではウォーミングアップの動きを徐々に変化させて

運動強度をあげスムーズにメインパートに移行する。


特徴としては、

1.継続性が高い

参加者が楽しさを感じ、定期的に参加するようになることが多い。

他の多くの運動では実施することを苦痛と感じ継続することが

まま困難である。

これに対し、継続性の高さはエアロビクスダンスの

大きな特徴といえる。


2.身体のいろいろな部位を使用する

一般に、運動種目ごとに身体の動かし方、使用する筋肉は限定される。

例えば、ほとんどのトラック競技では上肢、下肢ともに矢状面の動き

のみである。

これに対してエアロビクスダンスでは矢状面、前額面、

水平面すべての動きを行うことができる。

また、主動筋−拮抗筋の関係にある筋群をバランスよく鍛える

ことも可能である。

ただし、身体の動かし方はインストラクターの振り付けにより

決まるため、参加者がこのメリットを享受できるか否かは、

インストラクターの技量による。


3.負荷設定が困難である

運動負荷はステップの種類、上肢の動かし方などにより

変わってくる上、参加者自身の動き方にも左右される

(大きく速く動けば運動量が大きくなり、小さくゆっくり動けば

運動量が小さくなる)。

このため、マシントレーニングのように負荷を正確に設定する

ことは困難である。


競技エアロビクスと言うのもある。

エアロビクスダンスを競技として行うものである。

日本ではエアロビックともよばれ、

日本エアロビック連盟が大会運営している。

IOC後援ワールドゲームズの正式種目である。


「サバイバルエアロビクス」は、雑誌「フィットネスジャーナル」

が主催する大会である。

審判が、アラインメントや手足の可動域、筋力などの項目を

チェックしてくれる。


レッスンへの参加について

日本では、市町村の公営施設や民間のスポーツクラブ

参加することができる。

市町村では、住民向けの講座や公民館活動として期間を決めて

開催するケースと、施設利用の時間割を決め毎週同じ曜日の

同じ時間に開催するケースがある。

スポーツ施設の運営を民間に委託しているところでは

後者の形がとられている。

いずれも参加する都度、料金を支払う形が多い。


民間のスポーツクラブではスタジオの時間割が決められ、

毎週同じ曜日の同じ時間に開催される。

民間のスポーツクラブのほとんどは会員制で

月会費を支払う形がとられている。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)




posted by 健康マニア at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット運動編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。